性病検査キット(種類・費用・精度・信頼性)

性病とは性行為や性行為に類する行為(例えばオーラルセックス)又は、体液や血液の接触により感染する病気です。

病原体は、ウィルス、細菌、原虫が感染することにより発症し、性病の種類によっても検査方法が変わります。

性病検査の費用

病院で性病の検査をすると検査費用、初診料、診察代が加わり、概ね1項目の検査の金額が2000~4000円程度で、自覚症状が無い状態で性病検査だけを受けにいくと、自費検査になり泌尿器科でも10,000円程度の出費は必要になります。

検査する病気の種類が多くなると2万~3万円程度になり診察代が加わります。

泌尿器科や性病科まで行く時間が無かったり、人に知られるのが恥ずかしい人は、安心して自宅で検査ができるキットが販売されており、多くの方が病院に行かず検査キットを使用して検査しています。

検査キットのメリットは、仕事が忙しくて行く時間には病院が閉まっていたり、誰にも知られず検査を済ませることが可能です。

また、性病検査キットの価格や精度も病院で検査するのと変わりません。

性病検査の種類

宅配ドクターの性病検査キット

女性用性感染症4種(内部展開図) 男性用性感染症4種(内部展開図)

病院の検査や保健所の検査と違い、匿名で家族に知られず周囲の目を気にしないで検査を受けられるのが特徴です。

参考:(性病検査キット専門店)

また、時や場所や時間を選ばないため、お仕事が忙しくて検査を受けに行けない方や誰にも知られずに検査を受けたい方にはお勧めです。

性病検査キットも様々ありますが、信頼性、価格、アフターケアを比較しますと宅配ドクターの性感染症検査キットをおすすめします。

初めての方でも、安心して簡単に検査をすることができます。

詳しくは

病院や保健所での性病検査

病院で検査する場合は、検査費用以外にも診察代と初めての外来であれば初診料がかかります。

なんらかの症状があり診察を受けて検査になる場合は、健康保険料が適用されますが、症状が無い場合で検査を受ける場合は健康保険が適用されない可能性があるので注意しましょう。

地元の地方自治体でも検査を受けることが可能ですが、病院とは違い社会に影響を与える病気を検査する場合が多く検査項目が病院より少ない場合があります。

検査は毎日受けられることは少なく、保健所が指定する検査日に保険所が決めた定員で検査がされています。

保健所の場合は、全国一律ではなく地方自治体により金額も病気の種類も違うので問い合わせをすると良いでしょう。

男性の性病検査

男性の性病検査は、血液、尿、陰茎擦過物(陰茎の表面に付着した物)、うがいした水、を採取し病原体の有無を検査します。

血液検査:エイズ、梅毒、B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス

尿検査:クラミジア、淋菌、トリコモナス

陰茎擦過物検査:カンジダ

のど検査:淋菌・クラミジア

BannerMenKit

女性の性病検査

女性の性病検査は、膣分泌液、うがいした水、を採取し病原体の有無を検査します。

血液検査:エイズ、梅毒、B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス

膣分泌液検査:淋菌、クラミジア、トリコモナス、カンジダ

のど検査:淋菌・クラミジア

BannerWomenKit

検査の方法

IconA_Blood IconA_Nyou IconA_Inkei IconA_Nodo IconA_Chitsu

性病検査キットの精度

性病検査キットの精度

検査キットの精度について「大丈夫なの?」と心配される方もいらっしゃるかと思いますが、宅配ドクターの検査キットの検査委託先は国により指定された検査機関で、病院の検査も行っている期間ですので「大丈夫です」。

検査機器も最新のものを使用し、検査に使う試薬も精度の高い物を使っているので国内最高の精度が期待できます。

いつ検査が可能であるか?

クラミジアや淋病、カンジダは疑わしいと思われる行為があった日から1日~2日で検査が可能ですが、血液を採取して調べる梅毒やエイズには1ヶ月~2か月のブラインド期間があるので、再検査をすることが必要です。

誰にも知られず購入できる

プライバシーに配慮した梱包と配送

発送に当たり、無地の袋を使用し、伝票にも中身の記載が無いので家族や同居の方にもわからないように検査を受けることが可能です。

また、配送先には自宅以外にも職場やヤマト運輸の営業所を指定できるので、自宅に届けて欲しく無い方でも誰にも知られずに購入する事ができます。

検査の種類

尿検査の方法

健康診断などの尿検査では、腎臓系や尿路系の疾患を調べるために尿中の細胞・たんぱく質・糖などを調べますが、性病検査での尿検査は尿中に病原体が無いかを調べます。 女性の場合は、尿検査ではなく膣分泌液を調べますが、男性の性病検・・・

血液検査の方法

血液検査とはは、採血して採取した血液を調べる臨床検査です。 血液に含まれる成分で検査できる項目は、多岐にわたり、がん、糖尿病、アレルギー、白血病、動脈硬化など様々な病気の発見に血液検査は有効です。 性病検査における血液検・・・

のどの検査の方法

喉の違和感などで耳鼻科で検査する場合は、口を開けた状態での目視による検査や内視鏡の検査になりますが、性病ののど検査では、水道水でうがいをしてもらい、その吐き出したうがいした水を採取し、中に病原体がいないかを調べます。 必・・・

膣分泌液の検査の方法

膣分泌物検査とは、おりもの検査のことで、妊娠中期~後期、26週~30週前後に一度検査をすることがありますが、女性の性病検査でも行われる検査です。 この検査でわかることは、膣内雑菌の他には、クラミジア、淋病、トリコモナス、・・・

陰茎擦過物検査の方法

陰茎擦過物検査でわかる病気は、男性の性器カンジダ症です。 この病気は、女性に多いのが特徴で、カビの一種であるカンジダ菌が性器で増殖して発症しますが、この菌は人間の常在菌でもともと人間の表皮には多少存在しています。 男性に・・・

>>性 病 の 潜 伏 期 間 と 検 査 可 能 時 期<<

最新記事 3件
2016年6月3日
細菌性腟症
2016年5月10日
日和見菌感染症
サブコンテンツ

このページの先頭へ