おりものの色・におい・に異常がある

おりもの(帯下)は、膣の中を潤し妊娠しやすくしたり、病原体の侵入を防いだり、生理的な現象で健康な時は色は透明かやや白っぽい状態が正常な状態です。

おりものは健康な女性にもある生理現象ですが、細菌やウイルスなどの病原体が感染すると色、量、臭いに異常が出たり出血の混じる病的なおりものが生じます。

おりものの色、量、匂いなどに異常がある場合には、下記に代表される病気に感染している可能性があるので注意が必要です。

カンジダ腟症、トリコモナス腟症、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、など

おりものが多い場合

淋菌やクラミジアなどの細菌やカビ、トリコモナス原虫などの寄生虫の感染などが原因の可能性があります。

症状がはっきりしないので、問題無いと思い病原体の発見が遅れると重篤な病気に進行する場合があるので、性病の検査を受けるようにしましょう。

おりものがくさい場合

おりものは通常でも少し臭いがありますが、腟内はデーデルライン桿菌という善玉菌が酸性に保っていますが、この臭いが健康時の臭いで、性病の場合は生臭い臭いがあります。

これが、淋菌やクラミジアなどの病原体に感染するとおりものがきつく臭くなりますので、きになる場合は検査をするようにしましょう。

おりものに血が混じる場合

おりものに血液が混じる場合が健康時でもありますが、これに加え、悪臭がしたり量が増えるなどの症状が重なる場合は、子宮頚がんや子宮体がんなどの可能性があるので気になる場合は検査を受けると良いでしょう。

あそこがかゆい場合

あそこがかゆいだけで、おりものに変化が無い場合は、毛じらみの可能性があります。

おりものの色や量、臭いなどの症状が重なる場合は、カンジタ症、トリコモナス原虫に感染している可能性があります。

おりものが白く、おりものが臭い、おりものの量が増える場合

おりものは、健康時でも白っぽい色をしており、排卵前では粘液状のおりものも増えます。

白いおりもので、かゆみなどの症状があり量が増えている場合は性病の可能性があります。

おりものの量が多、臭いがきつい場合

おりものの量が多く臭いがきつい場合は、おりものの色も黄色がかったものになったり、外陰部のかゆみがある場合は、トリコモナス腟炎の場合が多いです。

トリコモナスは、寄生虫の一種でトリコモナス原虫の感染によって起こる炎症です。

性行為で感染する他、まれに風呂や脱衣場での感染もあります。

おりものが白くチーズ状である場合

白いチーズ状のおりものの場合、カンジダ腟炎の可能性があり、デリケートゾーンに強いかゆみ(時には痛み)をともないます。

ほとんどの性病は抗生物質の服用でほとんど完治するので、症状が重篤化する前に検査を受けましょう。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ