アナルセックスで感染する性病

女性の尻

性器を肛門に挿入する性行為であるアナルセックスは、膣への挿入に比べて性感染症のリスクが高くなります。

アナルセックスで特に怖いのは、HIVとC型肝炎ウィルスです。

コンドームを付けないでアナルセックスをすると、HIV・C型肝炎への感染率が膣への挿入に比べて上がります。

アナルセックスで他に感染が考えられるのが、赤痢アメーバがあります。

赤痢アメーバは、男性の同性愛者同士の性交渉が原因となる確率が高い感染症ですが、男性と女性のセックスにおいても感染はします。

男女のセックスでアナルセックスをするのは、膣への挿入と違った感覚への興奮や、肛門内に射精しても妊娠はしないからという声が聞かれます。

しかし肛門にも粘膜はあり病原体がいる可能性はあります。

アナルセックスで性感染症に感染するルートは、肛門の粘膜から男性器の尿道、男性器の尿道から肛門の粘膜という感染ルートになります。

また、アナルへの挿入だけが感染源となる訳ではありません。

手や指に病原体が付着していたらどうなるでしょう。

トイレに行き、手を洗わなかった場合を考えれば可能性がないとは言い切れません。

洗わなかった手に付着した病原体は、セックスの全般的な行為の中で、相手の性器に直接接触する可能性がかなり高くなります。

具体的な例で例えるなら、男性の手に存在する病原体が、女性の膣を手で愛撫する事により感染する事になります。

そんなケースも含めると、アナルセックスによる性感染症は幅広く考えなければいけません。

感染を防ぐ方法は、一番にアナルへの挿入はしない事が挙げられます。

もともとアナルに性器を入れる行為自体が、間違っていますし肛門はその為にあるのではないのでリスクが高いのは当然です。

どうしてもアナルセックスをする場合は、挿入されるアナルと挿入する性器をきれいに洗いコンドームを付けた上での挿入が、リスク軽減にはなると思います。

予期せずにアナルへ挿入された場合、した場合は検査をする事が必要で感染症の早期発見と治療に繋がります。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ