エイズ(HIV感染症)

HIVウィルスとは

HIVウィルスとは、英語ではHuman Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)と表記され頭文字をとってHIVと呼ばれています。

人間には細菌やウィルスなどの病原体から身体を守る免疫と言うシステムがありますが、このシステムを免疫と言います。

この免疫システムの中で重要な役割を担う、Tリンパ球やマクロファージ(CD4陽性細胞)などに感染するウイルスで、HIV1型とHIV2型と大別されます。

エイズとは

HIVがTリンパ球やマクロファージ(CD4陽性細胞)に感染するとHIVウィルスはこれらの細胞を破壊しながら増殖します。

HIVがこれらの免疫細胞を破壊するので、免疫細胞が減少する事で免疫力が著しく低下して、免疫が機能していれば排除される病原体にも感染し健常者では感染しないような病気を発症します。

この病気を発症した状態をエイズ(AIDS:Acquired Immuno-Deficiency Syndrome、後天性免疫不全症候群)と言い代表的な疾患が発症した時点で医師によりエイズと診断されます。

エイズの症状

初期症状

エイズとは、後天性免疫不全症候群ともいい、HIVウイルスに感染してから初期の2~4週間は発熱や筋肉痛、のどの痛みなど、風邪やインフルエンザのような症状があります。

これは、HIVが体内に侵入した感染初期では免疫を担うTリンパ球などに感染し、急激にウィルスが増殖し、免疫反応として感染者は発熱などが出るためです。

しかしこの症状は、数週間でおさまり、個人差はあるものの数年から10年ほど自覚症状の無い期間があります。

そして、無自覚症状の期間に免疫力の低下が進み、10年ほど経過してしつこい下痢や寝汗、急激な体重減少、様々な病気を発症します。

エイズ発症

無症候期の間も、HIVウィルスは毎日100億個増殖しTリンパ球は次々とHIVに感染して死滅していきます。

健常者では、血中1μl中に700〜1500個あるTリンパ球が200個未満になると免疫不全状態となり、エイズを発症します。

エイズを発症すると健康な人なら感染しないような病原体による日和見感染症や悪性腫瘍、神経障害などの様々な病気にかかるようになります。

厚生労働省では、エイズ診断基準として23の疾患を決めており、その中のどれか1つでも発病した時点でエイズ期となります。

エイズの感染経路

HIVウイルス

HIVに感染する経路は、大きく分けて「性的感染」「血液感染」「母子感染」の3つです。

主に膣や口腔内などの粘膜の接触、血管に達するほどの傷からはHIVウイルスが感染する可能性があります。

逆に、唾液や尿などの体液では感染しません。人に感染するほどの量のウイルスが含まれていないからです。

もちろん、傷の無い皮膚同士がいくら接触しても、感染することはありません。

①性的感染

精液や膣からの分泌液にHIVウイルスが含まれていた場合、セックスによって亀頭部分の細かい傷や膣の粘膜などからウイルス感染します。

また、腸管粘膜は傷つきやすいために、膣の粘膜よりも感染しやすいです。

②血液感染

血管に達するような皮膚の傷からHIVウイルスが侵入して感染します。

輸血や針刺し事故など医療現場で起きる感染、注射針を共用した麻薬の回し打ちなどによる感染も考えられます。

③母子感染

母親がHIV感染していた場合、その子どもにも感染する可能性があります。

出産時の産道感染、母乳による感染、胎内感染に分けられます。

エイズの検査法

エイズは発症するまでほぼ症状が出ないのことから発見が遅れることがしばしばで、エイズが発症してからの寿命は平均で2~3年とされます。

このエイズの発症を遅らせる薬は様々開発されており、大切なことはエイズを発症するまでに治療を開始する事になります。

発症までほとんど自覚症状が出ないので、早期発見にはエイズ検査を受けるしかありません。

エイズの検査では血液検査を行われます。

HIV抗体のスクリーニングにより、抗体があれば陽性(感染している可能性がある)と判断され、さらに確認検査をしたうえで感染確定となります。

病院や保健所の他には、自宅で出来る郵送の性病検査キットも販売されています。

血液検査の方法

エイズを検査するキット

男性の性病検査 女性の性病検査

エイズ治療法

HIVの増殖を抑制する薬を服用します。

HIVを体内から完全に排除できる治療法はありませんが、抗HIV薬によってウイルスの増殖を抑え、エイズの発症を防ぐことが治療の中心となります。

エイズ発症前に治療を開始する事で、長期間にわたり健常時と変わらない日常生活を送ることが可能となります。

治療を開始したら、特別な場合を除き、治療を継続する必要があります。

検査の種類

エイズの病原体HIVウィルス

目次1 エイズの病原体2 感染経路と母子感染3 一番多くの感染原因は性的接触による感染4 医療の現場などで起こることも考えられる血液感染5 エイズを検査するキット エイズの病原体 ヒト免疫不全ウイルス、別名「HIV」に感・・・

HIVウィルス感染経路

HIVウイルスというのは、エイズウイルスとも呼ばれていて、正式には「ヒト免疫不全ウイルス」という名称です。 ヒト免疫不全というのは、簡単にいえば免疫力が低下する病気となっていて、人間は免疫力が低下している状態になると、極・・・

HIV感染症の検査方法

近年では、HIV感染症の検査も身近なものになり、全国の保健所で検査を受ければ無料で受診できて、さらに無料になっているために個人情報の点からも財布にも優しいのが特徴になっています。 ちなみに、病院でも検査をしてもらうことは・・・

HIVが感染する行為

HIVウイルスというのは主に性行為によって感染する感染症だとされていますが、性行為で感染してしまう理由の一つに、精液や膣分泌液、母乳などの性行為で接触してしまいがちな体液の中にHIVウイルスが多く含まれているということと・・・

エイズの治療

2016年現在、エイズを発症してしまった方の延命年数というのは何年なのか知っているでしょうか? エイズに対しての治療が確立されていなかった20年ほど前までは、エイズが発症してしまうと10年も生きられないとされていましたが・・・

HIV感染症 初期症状と進行による症状の変化

目次1 感染初期~無症候期~発症2 HIV感染症の初期症状からエイズ発症までについて3 まとめ 感染初期~無症候期~発症 HIV感染症というのは、感染症の中でも進行がゆっくりとなっていて、治療法が確立されていない病気でも・・・

エイズ発症

目次1 エイズ関連症候群の種類とそれぞれの解説2 エイズ関連症候群には、どのような症状があるのか?3 まとめ エイズ関連症候群の種類とそれぞれの解説 エイズが発症するケースでは、スイッチが切り替わるように急に発症してしま・・・

エイズ発症者の傾向

日本で初めてエイズ患者が確認されたのは現在から30年ほど前の1980年代のことでした。 そこからエイズ患者の数は年々増加している傾向にあり、2013年度の新規HIV感染者の数は厚生労働省が確認しているデータでは246件と・・・

日和見菌感染症

「日和見菌感染症」という言葉を聞いたことがある人というのは、どれくらいいるでしょうか? エイズを発症してしまった方や、HIV感染症になってしまった方は医師から説明を受けている人も多いかもしれませんが、日和見菌感染症という・・・

このページの先頭へ