クラミジア感染症

1,クラミジア

クラミジアとは

クラミジアは日本国内で最も感染が多い性病で、若い女性に特に感染が広がっています。

妊婦検診では、検査を受けた妊婦の3〜5%にクラミジア感染があるとされ、自覚症状の無い女性が数多くいると考えられます。

通常の感染は成人どうしの性交による感染ですが、妊婦が感染していると出産時に産道で感染する母子感染があります。

クラミジアの感染は、男性も女性も性行為が頻繁にある若者の間が一番多く感染しますが、特に女性が顕著に増加しています。

女性に多い理由は、クラミジアの女性の症状があまる無いことで感染に気づかずにパートナーと性行為を行い拡散させている事が考えられます。

ですので、女性では特に自覚症状が無くても、初めての相手と性行為があった場合は検査をすることをおすすめします。

また、クラミジアは性器への感染以外にもオーラルセックスによるのどへの感染も多いので注意しましょう。

クラミジアの症状

男性の症状の出かたは、1週間程度の潜伏期間の後にさらさらとした分泌液が出るのと、人によっては排尿時に痛みを感じます。

そして、この状態を放置すると尿道炎や精巣上体炎を起こし精巣が腫れて発熱が出たり痛みを感じるようになります。

女性の場合は、症状が軽く出ない人もいますが、症状が出るとおりものの異常や下腹部痛、不正性器出血などがあります。

女性の場合、放置すると子宮頚管炎や卵管炎などに悪化する可能性があり不妊症の原因ともなるので注意が必要です。

女性のクラミジアは比較的症状が軽い一方で、重症化し易いので注意が必要になります。

クラミジアの病原体と感染経路

クラミジア

クラミジア感染症の病原体は、クラミジア・トラコマチスという細菌で、生きた細胞内に侵入し増殖します。

クラミジアは性行為で感染するのが基本で、粘膜の接触や分泌物の接触で感染するのでセックス以外でもオーラルセックスや性器への愛撫でも感染するので注意しましょう。

保菌者との性行為で約半数の確率で感染し、性器や咽頭に感染し炎症を起こします。

クラミジアの検査

クラミジア感染症はパートナーと一緒に検査と治療を行う必要があります。

パートナーに症状が無くても無症候性感染の可能性があり、治療を同時に受けないとお互いにうつしあって治らなくなるからです。

クラミジア感染症の診断は、男性の尿の検査による検出が行われ、女性の場合は、膣分泌物による検査が一般的に用いられます。

尿検査の方法

膣分泌液検査の方法

クラミジアを検査するキット

男性の性病検査 女性の性病検査

関連記事

男性のクラミジア症状

クラミジアは最近若い世代に爆発的と言っていい広がりを見せている性感染症です。 男女ともにあまり症状が出ないのが特徴です。 今回は男性の症状を見ていきましょう。 男性のクラミジア症状 先に書いたように、男性も症状が軽い、ま・・・

女性のクラミジア症状

ここ数年、性感染症の中でも、クラミジアは爆発的と言っていいほど増加しています。 しかも最も大きいのが若い女性なんです。 どうしてここまで若い女性の間で広まってしまうのか、それは「クラミジアは症状が殆ど出ない」からです。 ・・・

喉に感染するクラミジア

性感染症というとセックスを思い浮べますが、性感染とは性器経由ばかりではないのです。 性交渉の際に行うことを想像してください。 口を使った性行為や、性器をなめたりすることもありますね、これをオーラルセックスと言います。 喉・・・

クラミジアの治療と予防

クラミジアの治療は、抗生物質の処方がなされ2週間から3週間で完治します。

抗菌薬の種類は、テトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、ニューキノロン系薬があります。

これらの抗生物質の投与は薬剤耐性菌を出さないためにも完治するまで投与しなければなりません。

クラミジアは、症状が少ないので男女間でお互いに感染させるいわゆるピンポン感染がりますので、感染が分かったらパートナーと一緒に治療しなければなりません。

クラミジアの予防にはコンドームの使用や不特定多数の人との性行為を避けることが有効です。

このページの先頭へ