子宮頸がん

子宮頸がんとは

婦人科のがんで最も多くなっているのが子宮がんになりますが、子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんに分類されます。

このうち子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部と言われる部位に発症します。

がんは子宮の入り口近辺に出ることが多く、婦人科の診察の際に発見されることもあります。

早期発見によって完治することも少なくありませんが、進行すると治療が困難になります。

そのため早期発見がとても大切な病気と言えます。

子宮頸がんの症状

初期の段階は症状がありませんので発見しにくい病気です。また自覚症状もほとんどありません。

月経以外の時に性行為を行って出血したり、またいつもと違うおりものが増えたりした時は注意が必要です。

月経血の量の増加、また月経期間が長い場合はがんの可能性がありますので早期に受診するようにしてください。

子宮頸がんの感染経路

子宮頸がんは、その多くはヒトパピローマウィルスの感染によって生じます。

ヒトパピローマウィルスは、性行為によって感染するウィルスです。

子宮頸がん患者さんの90%以上の人に、ヒトパピローマウィルスが検出さています。

ヒトパピローマウィルスが排除されることなく感染状態が続くと、子宮頸がんが発生すると考えられています。

子宮頸がんの検査法

がん検診は通常細胞診だけを行いますが、細胞診の結果疑いがある時は、精密検査として組織診やコルポスコープ診を行います。

がん細胞は正常の細胞とは異なった色や形をしていますので、色素染めによりがん細胞を発見します。

これが細胞診であり、がんを診断の検査法の中でもとても重要な方法になります。

また組織診はがんの疑いがある部分から組織を切り取り、標本を作成して顕微鏡で観察します。

子宮頸がんの治療法

早期のがんは外科手術が一般的です。

がんの程度よって手術方法も変わってきます。

手術方法は子宮を切除する単純子宮全摘出術、また子宮と腟、基靭帯の一部を切除する準広汎子宮全摘出術などがあります。

妊娠を望んでする方は、専門医と十分か話し合ってください。

その他にも放射線治療、抗がん剤治療などの化学療法があります。

各自の症状によって治療法も変わってきますので、自分がどのような状態なのか把握しておいてください。

子宮頸がんの予防法

最大の予防法は定期検診、またワクチンを受けることです。

がんの原因はヒトパピローマウィルス感染であることが分かっていますので、診断によって治療が可能になります。

ウィルスは前がん状態検査によって発見できますので、早期発見によって完治も可能です。

気になる方は早期に専門医に相談してください。

関連記事

HPVウィルスと子宮頚がん

「子宮頸がん」という言葉については男女に関わらず耳にしたことがある人も多いと思われますが、HPVウイルス(ヒトパピローマウイルス)については、それほど知られていないと思われます。 しかし、HPVウイルスというのは、耳にし・・・
男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ