接触で感染する性病

接触

自慰行為においての性感染症を考えて見ます。

自慰行為とは、自分の手などを使い自分の性器や性感帯を刺激する行為を、一般的にはマスターベーションやオナニーと呼ばれますが、マスターベーションで性感染症になる可能性はかなり低いと思われます。

しかし手が汚れていて、雑菌などが付着している場合は、雑菌が尿道を介して体内に入り込み炎症を起こす可能性はあります。

女性の場合も考えられるのは、男性と同じく雑菌などによる炎症になります。

自慰行為をする場合は、手をきれいに洗った上で行うのが炎症を防ぐ予防策になるでしょう。

では、キスで性感染症に感染する可能性はどうなのでしょうか。

キスは当然相手の唇と自分の唇が接触しますが、普通のキスであれば表面だけの接触に留まります。

その為性感染症に感染する可能性は低いとされますが、ディープキスで舌と舌が接触すれば唾液に存在する病原体が感染する可能性はあります。

その病原体が、喉に付着してフェラチオやクンニリングスなどの行為で相手の性器へ感染させる事も考えられます。

キスでの感染が多い感染症は、梅毒や唇ヘルペスが多い様でHIVウィルスの感染は唾液感染は、確率的に低いとされているので考えなくても良いと思います。

キスと同じ様な形で言えば、肌と肌の密着や接触により性感染症になる事はあるのかを考えると、確かに0%ではないと言えます。

セックスの時は、性器との接触や体液との接触は性病が感染する可能性がありますが、肌と肌の接触での感染はすでに何らかの感染症に感染しているという前提があっての事になります。

具体的な例で例えた場合、HIVウィルス感染者である男性の肌に血液が付着する傷があれば、その血液が手に付きその後性器を触ることにより感染するなど極めて考えにくい感染のケースになります。

そういった希なケースは別として、唇ヘルペスなどはキスでも移るので唇に異常を感じたら検査の必要はあります。

またヘルペスは再発率が高い感染症でもあるので、治療した場合も一年以内は特に気をつける必要があります。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ