毛じらみ

毛じらみとは

陰毛の接触により、シラミの一種の毛じらみが感染する病気です。毛じらみが感染すると激しいかゆみが生じます。

性器部分の感染は性行為による接触感染が多くなっていますが、その他にも母子間の接触やタオルや毛布を介して感染することもあります。

成虫の大きさは1mm~2mm程度で、陰毛の毛根にいる時はシミのように、また陰毛を移動している時はフケにしか見えませんので発見しにくい面があります。

毛じらみの症状

男女性ともに同じ症状ですが、感染部に激しいかゆみを伴うのが特徴です。

感染した人の中には特に何も感じない人もいますが、かゆみがあっても湿疹は出ません。

また下着に黒色のしみがつくこともありますので、疑いのある人は下着チェックも必要です。

さらに配偶者や家族などにも感染しますので、感染した人は早急に対処する必要があります。

毛じらみの感染経路

性器部分の感染の多くは陰毛どうしの接触によるものとなっています。

毛じらみは吸血性の昆虫で、主に陰毛に寄生して血を吸います。

陰毛どうしの接触感染以外にも、腋毛や肛門周囲の毛、また胸毛や太ももの毛などに寄生することもあります。

多くは性行為によって感染しますが、服や布団などからの間接的感染もありますので注意してください。

毛じらみの検査法

毛じらみの検査方法ですが、男性女性とも陰毛部の成虫を確認するだけです。

クリニックによっては陰部を抜いてケジラミの卵を確認することもありますが、検査自体は簡単です。

検査について気になることがあれば、事前にクリニックに問い合わせてください。

毛じらみの治療法

治療方法は2つに大別でき、陰毛をすべて剃る方法とシラミ治療薬を使う方法です。

確実な方法は、やはり感染部位の陰毛をすべて剃ることです。剃ることで発見も早くなります。

ケジラミは陰毛に卵を産みますので、それを回避するために陰毛を剃ります。

またこの方法であれば費用もかかりませんのでとても経済的です。しかし陰毛感染の場合に限ります。

陰毛剃りに抵抗がある方は、シラミ治療薬専用シャンプーやパウダーを使用します。

専用シャンプーなどはドラッグストアでも販売されていますので、薬剤師に相談してみるのもいいと思います。

毛じらみの予防法

最も有効な方法は、毛じらみ感染した人との性交渉を回避することです。

しかし性交渉以外での感染もありますので、感染した人とタオルや毛布、また下着やシーツなどを共用しないでください。

さらに家族やパートナーが感染した場合も、タオルやシーツなどの共有に注意してください。

感染者と性交渉をすれば確実に相手に感染しますので、完治するまで性交渉を控えてください。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ