咽「のど」の頭淋菌感染症

感染の特徴・感染の傾向

近年、日本人に多くなってきた感染症の一つに淋病という症状があります。

淋病というのは淋菌に冒されてしまうことによって発症してしまう病気となっていますが、統計学に照らしあわせてみると、全体の6割以上の感染源が風俗店で働いている女性の喉から感染するのが主となっています。

淋菌は粘膜を介して感染を拡大させる感染症の一つとなっていますので、肌が触れ合うというような接触では感染することがありませんが、口腔内や性器の接触などを通じて感染することが多くなっています。

今回は、喉頭淋菌感染症の特徴と感染の傾向について詳しく紹介していきます。

喉頭淋菌感染症に見られる男女比や年齢、感染源などについて

喉頭淋菌感染症の感染源については、冒頭でも紹介したように風俗店で働いている女性を介して発症するケースが多くなっていますが、厚生労働省が毎年発表しているデータによると、淋病感染者は年間1万人程度となっていて、そのうちの7割が男性だというデータが上がっています。

普通に考えると、男女の営みを介して感染するタイプの感染症となっているために、男性7割、女性3割という明らかに偏ったデータが出ることは無いとされているのですが、このデータはあくまでも「淋病に感染して受診した患者の数」が元になっているために、男性と違って自覚症状に乏しい女性の場合は淋病に感染していても病院を受診しないケースがあるということになります。

年齢層に関しては幅広く分布していて、10代から50代前後にまで分布していることが特徴的です。

まとめ

近年では安価にオーラルセックスをすることが可能な風俗店が多くなってきたということもあり、性病チェックが徹底されているような風俗店でも、毎日チェックをしているということではありませんので、自分の前に担当していた客が感染症に罹っている場合は、そこから感染してしまうことも多いです。

特に、安価な風俗店の場合は、風俗嬢が1日に何十人も相手にするようなことがありますので、そのような場合には、喉頭淋菌感染症に感染してしまうリスクが大幅に増加してしまうということに繋がります。

男性の場合は、感染から発症までの期間が短いということもあり、すぐに気づくことが可能になっていますが、女性の場合は自覚症状がほとんどないために、知らず知らずのうちに感染させてしまうことも多いのが特徴的になっています。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ