風俗店・素股で感染する性病

悩む男性

素股という性行為は主に風俗サービス店で行われる行為になりますが、挿入をしないので性感染症に感染しないかと言えばそうではありません。

正確にな言い方をすると、性感染症は挿入行為や膣内射精または口内射精のみによって感染するものではないことを認識した方が良いです。

素股も当然、性感染症のリスクがある性行為に挙げられます。

男性の性器と女性の性器をこすり合わせる行為、又は性器周辺に挟み込み摩擦を起こし刺激する行為になりますが、どちらかが感染症の病原体を持っていれば性器同士の接触のみであっても先走り液や、女性の膣分泌液等によりお互いへ感染する可能性は当然あります。

素股での感染症を防ぐには、やはりコンドームの着用が有効ですが風俗店ではサービスの為にコンドームをつけない素股が広く行われている様で、梅毒や性器ヘルペスなどの感染症が広がっているのも、そういった背景が関係していると思割れます。

風俗店ではなく普通のカップルでも素股行為を行う場合がありますが、この場合でも妊娠する恐れがない為コンドームをつけない事がほとんどです。

性感染症の中で一番恐れられていると思われるHIVウィルスの感染ですが、素股行為による感染も十分にあるのがHIVウィルス感染症の怖いところです。

体液や粘膜からウィルスは感染しますが、性感染症の特徴の大くに症状がほとんど現れない場合や無症状期間が長いなどがあります。

性風俗店で素股行為を行う行わないを含め性風俗店を多く利用し、色々な性行為をコンドームなしでされた経験のある方はHIVウィルスの検査をする事は非常に重要な事になってききます。

性風俗店では不特定多数の人と性行為を行うので感染が広がる可能性が高い場所となります。

特に気をつけたい点は、挿入しないからという安心感を持つ事で性感染症は粘膜と体液での接触で感染することを認識するべきでしょう。

素股でHIVへ感染したケースも多数あります。

特に風俗店で、コンドームなしで素股をした経験があればHIVの検査を保健所などで受けた方が良いでしょう。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ