C型肝炎

C型肝炎の症状

C型肝炎ウイルスに感染したばかりの初期は、自覚症状がありません。

しかし、長期間にわたって放置すると肝硬変や肝臓癌にまで進行する可能性が高いです。

この病気は自覚症状がこと少ないのが特徴ですが、半年以上にわたって肝臓が炎症を起こし続け、肝細胞が壊れていくために肝臓の機能が低下していきます。

C型肝炎の感染経路

HCV(C型肝炎)

C型肝炎ウイルスを含む血液が他者の血液中に侵入する血液感染が、最も多いと言われています。

輸血や血液製剤、注射針の使い回しなどで、感染した血液が傷口から入ってしまうことがあります。

逆に、空気中にウイルスが漂って感染したり、性交渉による感染、母子感染などは、ほとんどありません。

C型肝炎の検査法

抗体検査と遺伝子検査があります。

まずC型肝炎ウイルスの抗体があるかどうかを調べます。

抗体は、ウイルスに感染した場合、自分の体からみて異物であると認識する免疫反応が起こって出来る物質ですので、抗体が多ければ多いほど感染している可能性が高いと言えます。

抗体検査で抗体が多いという結果が出なくても、遺伝子検査で陽性が出れば感染している可能性が高いと診断されます。

健康診断でC型肝炎ウイルス抗体の陽性反応がみられた場合、または肝機能に異常があると指摘された場合は、C型肝炎感染の可能性がありますので早めに病院や診療所に行きましょう。

血液検査の方法

C型肝炎を検査するキット

男性の性病検査 女性の性病検査

C型肝炎も治療法

C型肝炎ウイルスを体外へ排除する原因療法と、肝機能を改善させる肝庇護療法とに分けられます。

原因療法ではウイルスが増殖しないようにするインターフェロンの注射をします。

肝庇護療法では、進行を防いだり炎症を沈静化させる目的があります。

このページの先頭へ