SEXで感染する性病

男女

セックスでは、男性の性器を女性の性器に入れ、両者の粘膜と体液が接触します。

当然、お互いの性器同士が直接接触する事になる訳ですが、性器同士が直接接触する事により、ウィルスや雑菌などに感染する可能性があります。

また性器に傷などがある場合には、血液を介して重大な性感染症に感染する恐れも考えられます。

性感染症は性行為において感染しますが、感染率で考えた場合は性器接触が一番移る可能性が高いと思われます。

挿入された女性が感染する可能性のある性病は、一番怖いのはHIVではないでしょうか。

HIVウィルスに関しては、無症状期間が長く発症するまでにかなりの時間がかかる場合がありますが、あくまで相手がHIVウィルスを持っている場合になります。

挿入において感染する確率が高いとされる性病は、他にクラミジアや梅毒に淋菌感染症が考えられます。

特にクラミジアは近年、若い世代の女性の間で最も感染者が多い性病です。

症状としては男女共にほとんど出ない事が、クラミジアの特徴です。

症状が出ない為、10代後半から20代前半の若い世代では多数の相手とセックスをして、知らない間に感染を広げているケースが多いと考えられます。

淋菌や梅毒も同じく挿入での感染が考えられます。

感染を防ぐ方法としては、必ずコンドームを付ける事が一番ですが、挿入前から付けないと完全には防げません。

男性の場合であれば、挿入前に先走り液が分泌されておりこの先走り液も精液の一部になります。

一旦そのまま挿入して、射精したくなった時にコンドームを付けても遅いという事になります。

同じく女性の場合も、膣の分泌液にクラミジアなどの菌があるので、コンドームは挿入前に付けないと感染を防ぐ事は出来ません。

性病に感染しているか検査をした方が良い人は、クラミジアや梅毒などにあてはまる症状が見られる人、男性であれば風俗店などでコンドームなしで性行為をした人などは検査を受けた方が良いでしょう。

症状が軽いから受けないという考えは捨てないと、自分のパートナーに感染させる可能性が大きくなります。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ