デリケートゾーンのかゆみの原因と対策

かゆみを感じるのは必ずしも病気とは限りません。

もともとすごくデリケートな部分なので生理時の経血やおりもの、ケアの不十分な状態などで簡単にかゆくなってしまいます。

ただ、気にしないで良い(通常ケアで対応できる)かゆみであるのか、もうちょっと深刻なものであるのかはちょっと判断に迷いますよね。

かゆみの原因が病気の場合

細菌性膣症などは細菌が原因で起こるかゆみを伴う病気で最も有名なものです。

炎症の一種です。

トリコモナス膣炎、これは性行為によらなくてもたとえばバスタオルの共用や浴槽での間接的な陰部接触などでもうつってしまうので注意が必要ですね。

尖圭コンジローマはウイルスが原因でデリケートゾーンの内側や外側などにいぼができてしまいます。

膣カンジダは本来なら居ていいはずのカンジダ菌を体調不良でコントロールできなくなって起こる病気です。

しかしこれらはどれも性行為によって感染する可能性がある病気ですので、タイミング的に心配だなと感じたら早めに対策をとりましょう。

不快なかゆみに対策を

まず、最初に「自己判断での対応には注意が必要」ということを書いておきます。

特にかゆいのだから皮膚トラブルだと自己判断してデリケートゾーン専用でない一般的な塗り薬を塗布したりすると、デリケートゾーンには刺激が強すぎる場合があります。

また、シロウト判断で間違った薬をぬって悪化してしまったという話も珍しくないですね。

とりあえずは薬に頼る前にケア方法を見直してみましょう。

・生理用ナプキンはこまめに取り替えていますか?

・通気性の悪い素材・サイズの下着をはいていませんか?

・1日1回くらいを目安にデリケートゾーンを正しい方法で洗っていますか?

・清潔なバスタオルで拭いていますか?(拭きすぎ・間違った拭き方に注意です)

病院を受診する目安・タイミング・かかり方

上記の方法を一通り試してみても良くなる気配がない場合、やはり専門家の意見や治療を受けた方が良いかと思います。

デリケートゾーンの悩みであれば婦人科(病院によっては産婦人科)になります。

とりあえず婦人科を受診して、もし違うのであればお医者さんが判断して他のところを紹介してくれるので大丈夫ですよ。

そして重要なのが問診です。

本当のことを言うのが恥ずかしいからとあいまいな答えをしたり嘘をついたりすると、とても困った事態になってしまいます。

気持ちは分かりますが分かること(病気の心当たりやタイミングなど)ははっきりと伝えましょう。

また、分からないことは分からないと正直に言うことも大切です。

矛盾しているようですが、決め付けと嘘はよくないという話ですね。

まとめ

一番確実で無難なのは医療機関に相談するということです。

あれこれと間違った対策をとって悪化させるよりは、医療機関を頼って楽に治してしまったほうが気持ち的にも身体もずっと負担が少ないと思いますよ。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ