生理の後のにおいが強くなる原因と対策

生理の時ににおいがするのはどうしても仕方ないですが、終わった後にもにおいが残っているような気がして気になる、という女性は案外少なくありません。

なぜ? どうしたらいい?

そんな疑問にお答えします。

生理の後にニオイが強くなるワケ

単純に生理の血(経血といいます)やそのニオイがおりものに残っているからです。

そして生理の前後ではデリケートゾーンの状態やホルモンバランスなども変わり、その調節のために汗がかきやすくなります。

もともと汗腺があり汗をかきやすい場所なのに、細菌の働きやその調節のために色々と身体が頑張るのでどうしてもニオイが強くなってしまうのですね。

可能性としては性病ということも考えられます。

ニオイに特徴があるので、もし気になると思ったら検査を受けてみるのも良いでしょう。

対策(生理前の場合)

アンダーヘアを揃えておくなども有効です。

清潔にして風通しをよくしておけばかなりのトラブルを防げます。

それから食生活を見直して体臭を強くする作用のあるもの(肉中心の食生活など)は生理前後には避けると良いかもしれません。

ただ、栄養までも控えてしまわないように気をつけて下さい。

その他にも専用の石鹸でデリケートゾーンをきれいにしておく、ナプキンを買い足しておくなども大切です。

ナプキンが残り少ないと思うとどうしてもこまめに取り替えられないので、結果的ににおいが強く残ってしまいがちなのです。

対策(生理後の場合)

生理が終わったら膣内洗浄を行いましょう。

血を完全に洗い流せますし、内部を清潔に保つことでデリケートゾーンの健康にも役立ちます。

市販の洗浄キットを使ってもいいですし、婦人科でしてくれるところもあるようです。

ただ、専用の洗浄液を使い、間違っても石鹸を使わないように注意しましょう。

たとえデリケートゾーン専用のものであっても、内部を洗うのにできてはいないので膣内に存在する細菌の良いバランスが崩れ自浄作用が弱まってしまいます。

もちろん、普段からのお手入れやケアが大切なのは言うまでもありません。

まとめ

体臭の悩みの中でも人に相談しづらい分ちょっと大変ですが、実はみんな悩んでいることです。

適切なケアをしても全くにおいが無い状態にはなりませんが、かなり軽減することは確かなのでよく調べ自分の体質と相談してケアをすると良いと思います。

この記事がそんな皆様のお役に立てたら幸いです。

男性の性病検査 女性の性病検査

このページの先頭へ